柳生心眼流兵法 柳心館

【流儀略説】
柳生心眼流の起源は江戸時代初期。仙台藩の剣士、竹永隼人兼次によって創始された総合武術の流派である。流祖竹永は、はじめ神道流・神影流・首座流・戸田流と四流の剣術を修め、領内で剣技を教授。後に柳生但馬守に師事し、流名に「柳生」の名を冠することを許され、柳生心眼流と称した。
流儀は、流祖竹永隼人より吉川市郎右衛門、伊藤久三郎と続き、中興祖小山左門行房に継承され、全国各地に伝承地を拡大。そして幕末に至り佐沼の相澤東軒が継承し登米・栗原地方に伝承され、更に仙台藩校養賢堂の武道教授を勤めた近代祖星貞吉義治が継承し、明治という激動の時代の中で柔術を主体とする高度な技法を伝承し、流儀の礎を築きあげた。以後柳生心眼流は新田の星家一族を中心に伝承され現在に至る。


【流儀系譜】
元祖 羽州帯刀─江州理剣─荒川治郎左衛門─清元入道─柳生但馬守─
流祖 竹永隼人(兼次)─吉川市郎右衛門─伊藤久三郎─中興祖 小山左門(行房)─相澤東軒──千葉守弘─髙橋義祐─佐竹盛之助─加藤権藏─近代祖 星貞吉(義治)─星清右衛門(國治)
─星彦十郎(國行)─星清作(國光)─星精一─星則男(國憲)─星徳一(國兼)


【柳心館】(伝承内容:柔術 / 棒術 / 剣術 / 甲冑術 / その他)
 柳心館は、昭和11年(1936)9月5日、流儀の普及振興を図るため第17代宗家星彦十郎國行が新田に創設した柳生心眼流の道場である。本部創設と同時に各地に支部道場も創設され、宮城県北・岩手県南、遠くは青森と東北各地に伝承。武器を持たない農民の唯一の護身術として盛んに稽古された。しかし戦前戦後の混乱の中で失伝を余儀なくされた地域も少なくはない。昭和56年(1981)柳心館は、宮城県指定無形文化財保持団体に認定され、現在は、第21代宗家(柳心館第五代館長)の星徳一國兼師範を中心に流儀の保存伝承が行われており、本年(2016)9月に道場創立80周年を迎えた。


柳心館 本 部 館 長 星   徳 一(國兼) 登米市迫町新田
柳心館北方支部 支部長 髙 橋 輝 夫(義直) 登米市迫町北方
柳心館南方支部 支部長 佐 藤   力(兼成) 登米市南方町
柳心館築館支部 支部長 仁 木 浩 二(兼位) 栗原市築館


【問い合わせ先】
(柳心館事務局代表)
柳生心眼流兵法 柳心館南方支部 師範 佐々木崇哉まで
TEL 090-4559-8381