小野派一刀流/天辰一刀流


小野派一刀流
◇流派紹介◇
 小野次郎右衛門忠明が開祖。
 剣の離合が精妙で、山岡鉄舟(無刀流)、寺田宗有(天眞一刀流)、白井享(天眞白井流)、千葉周作(北辰一刀流)もこの流れを汲み、鈴木直之進(天辰一刀流)もこの系統である。
 組太刀・・・5本でワンセットになっているのが特徴。この5本が、それぞれ関連して技術を向上させるような構成になっている。
 相小太刀・・・小刀を以って大刀を制する様式である。気を以って相手を制するもので、無刀を目標とする。女流として、長刀と共に重んじられた相小太刀にその特色を見る。




天辰一刀流
◇流派紹介◇
一刀流の特色を生かし、握り太の木刀を用い、無声で、仕太刀は、打太刀の鬼小手を打って、勝ちを示し、残心をとる。
天辰一刀流に女流剣士が活躍したことは有名で、その流れを汲み今も女性剣士が活躍している。